運命の相手との出逢い(サチ)1話2/2

投稿日:2018-06-23 更新日:

目の前で優雅にたたずむ男の姿は嫌でも視界に入り込む。

癖のある耳にかかった黒髪。隙間なく大きな瞳を縁取る睫毛。男らしい骨格をビロードのような肌が覆っている。琥珀色のオーラが彼を包み光を放つ。

彼をさっきのデッサンに組み込んだらどんな場所がいいのだろう……性懲りもなく、またそんな考えごとが頭に覆いかぶさる。

「俺の顔、何かついてます?」

被写体に向ける遠慮のない視線に、恥ずかしそうに桂木は苦笑いした。

「サチさんって、絵を思い描いている時って目の色が違いますよね」

あ、やっぱりネタにしてたのバレていた。目の色が違う? それって危ないよね。

「どんな色してます? そういう時のあたしの目」

気になったので、恐る恐る尋ねてみる。

「カブト虫を見つけた小学生みたいですよ」

「は?」

「サチさんの目って、そういう時、ビー玉みたいにキラキラ輝くんです」

役者って日常でもこんなキザな台詞をつかうものなんですかね。

「桂木さんって根っからの役者さんですね」

「えっ、どうしてかな?」

「だって、今の台詞、殺し文句ってヤツですよ」

「正直な感想なんだけどな。殺し文句か……じゃあ、少しはぐらっとしてくれたかな?」

背の高い彼が屈み込んでこちらをのぞき込んでくる。皆、この眼差しにイチコロなんだろうな。あ、やっぱりこの人はトンボの羽じゃ役不足だ。もっともっと高い空まではばたける……。

「全然君には効果ないみたいだね、俺の殺し文句なんてさ。教えてくれない? 今、頭の中でどんな絵を描いているのかな」

あ、やばい。妙に優しい声色が、少しあっちの世界に踏み出しているあたしに心地良く響く。

「えっと……桂木さんにもし羽をつけたらどんなのが似合うかなって」

「うん、どんな羽をチョイスしてくれるの?」

「やっぱり鳥かな。桂木さんは飛ぶっていうより、羽ばたくってイメージだから」

「いや、光栄だけど、褒めすぎだよ」

「えっ? あたし褒めていませんよ。ただのイメージです」

まいったなって彼はおかしそうに笑っている。あたし変な事言ったかな。

「あぁっ」

突然すっとんきょうな声をあげたあたしに彼は目を丸くしている。ずーと聞きそびれていた疑問が頭をよぎって、奇声を発してしまった。これもあたしの変な癖。

「何っ。どうしたの?」

よっぽど驚かせてしまったようだ。彼はワンオクターブ高い声を出した。

「あたし、ずっと聞いてみたかったんです。あの、本の表紙の天使の羽……

片方折れたイメージでって桂木さん言われましたよね。どうして……ですか?」

あぁ、と彼は少し困った顔を見せた。

琥珀色のオーラが淡いブルーに変わった気がした。

「北海道のロケで、前にそういう渡り鳥を見かけてさ、俺みたいだなって思ったんだよね」

「えっ、桂木さんがですか? う〜ん」

「だってさ、もっとサチさんと話したいな〜なんて思ってもさ、あんな邪魔がすぐ入るんだよ? 俺、自由に憧れる」

あんな邪魔? 彼が視線で示す方を見ると、少し慌てた様子で、マネージャーの岡部さんが小走りにこちらに向かってくるのが見える。桂木ユウタがそっと耳打ちをしてくる。

「あいつ……岡部に羽を付けたらどんなイメージ?」

そうねぇ、隙のないやり手マネージャーといった感じ。見た目はこの人、役者かモデルさん? と思わせる程に洗練されている。

一瞬、ひらめいた

「あのね、トンビ」

別にウケを狙ったわけでもないのに、ブッと彼は吹き出して笑った。

「だっていつも桂木さんを探し回ってて、見つけ出すと低空飛行で忍び寄ってくるイメージなんだもの」

岡部さんはあたし達の目の前まで来ると、咎める口調で言った。

「ユウタ! こんなトコにいたのか、司会の近藤さんがお前を探しまくっているぞ」

……笑っちゃいけない。

だけど、桂木ユウタが大声で笑い出した。綺麗な歯を見せて、あたしの肩をポンポンと叩きながら。だからつられてあたしまで笑ってしまった。

岡部さんだけが、 「なんだよ」と、怪訝な顔つきで、きょとんと立っていた。


にほんブログ村↑ ↑ ↑
ランキング参加しています
応援していただけたら励みにします

Copyright© ネット 無料 恋愛小説 天上の楽園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.