その後の二人のある一日

投稿日:

 

「……わかった。もういいから」

ガチャッと受話器を置く音が耳の奥に響く。

…………。

え?

受話器の向こうで鳴り続けるワンパターンな電子音を、馬鹿みたいに俺はしばらく聞いていた。

ツーツーッ……

状況がわからず呆然と携帯に耳を押し当てたまま、身動きが取れなかった。

もしかして間違い電話をしたのかもしれない。

いや……ユウちゃんと俺の名を呼ぶ女はサチ以外にはいないはずだ。

最初、昼間だというのに、眠そうな声で電話に出たサチを不思議に思った。

もしかして昼寝でもしていたのかな?

そう思いながらもあえて指摘はせずに話し始めたのだ。

最初は他愛もない日常会話だった。

「日本は紅葉が綺麗だよ」とか

「スタッフの子がサチの絵本を見たって言ってたよ」とか

そして、何の気なしに、自分自身拗ねたような口調でこう口にしたのだ。

「そっちに帰るの仕事の都合で一日伸びちゃったんだ。今日じゃなくって明日の昼の便で帰るからさ……」

返事がなかった。

あれ?電話の調子が悪いのかな。

そう思った途端……

“……わかった。もういいから”

初めて聞くサチの投げやりな声色に返す言葉もなかった。

そしてブチっと電話は切れたのだ。

サチと正式に結婚して半年。

新居はシンガポールに構えた。

追い掛け回してくるマスコミに、やはり当分、日本では普通に暮らせないだろうと岡部が判断した。

なぜシンガポールかというと、治安がよく日本人が暮らしやすい環境だということ。

ヨーロッパよりは距離的にも日本に近いということ。

郊外の広々とした敷地をもつ小さな一軒家。

イギリス大使の元別荘というだけあって、映画にでてくるような佇まい。

うっそうとした木々に隠されたその家を、サチはグリム童話に出てくるお菓子の家みたいだと気に入ってくれた。

岡部は庭を隔てた離れに住んでいる。

レスリー・ラウ監督の映画がいよいよ公開され、海外の監督からオファーがいくつか岡部に届いた。

これから日本での仕事はイメージに添うようなコマーシャルくらいになるだろう。

あとは映画に専念する。

海外の映画雑誌に、桂木ユウタの写真が当たり前のように掲載されていく。

最初は小さかった写真が、日を追うごとに大きく変わっていった。

助演男優として有名な賞にノミネートされそうだと聞いたのは昨日のことだ。

家に帰るのは三週間ぶりだ。

ちまちま細かい仕事をしなくなった分、休みは日本にいた頃よりもある。

だけど、どうしても仕事となると、まとまった日数、家を空けることが多かった。

“……わかった。もういいから”

はっと我に返り、俺は携帯のリダイヤルを押した。

海を隔ててこの瞬間、お菓子の家のリビングでベルは鳴り響いているはずだ。

……なのに。

受話器が上げられる事はなかった。

サチの携帯にかけなおそうかと思ったが、しつこくして余計に嫌がられたらと思うと躊躇した。

もしかして、俺捨てられる?

段ボールに放り込まれた捨て犬の気分。

帰らなきゃ。

早く帰らなきゃっ。

「何をそんなに慌てている」

チャンギ空港のタクシー乗り場に並んだ人の列に舌打ちすると、岡部が呆れた口調でたしなめてくる。

「ちゃんと車は手配してある。新婚気分も結構だが、外ではもう少し余裕のある顔をしろ」

……うるせえよ。岡部ちゃん。

この切羽詰まった気持ち、わかるかねアンタにさ。

もしもサチが家にいなかったらと思うと、不安で走り出したい気分だ。

新婚サンだって言うのに、こんなにほったらかしで役に立たない旦那じゃさぁ……愛想も尽かされるってもんだ。

滑るように車が走り出す。

日本と変わらない整備されたシンガポールの街並み。

サチの携帯に詫びを入れるメールを打ったが返事はないままだった。

こんな事は、はじめてだ……

三週間前、いってらっしゃいと送り出してくれたサチに、名残惜しむような口づけを落とした。

「浮気しないでね、奥さん」

からかうように耳元で囁くと、クスクスと笑ってくれた。

真っ直ぐ俺を映しだすビー玉の瞳。

息苦しくなる幸福感に酸欠になりそうだった。

帰らなきゃ。

早く帰らなきゃっ。

成田からの帰路は丁度夕方の混む時間。

のろのろと繰り返し足を止める信号にうんざりしていた。

その時だった。歩道の方に小さな花屋が目に入った。

車を止めてくれと叫んだのは、信号が青に変わって運転手がアクセルを踏込もうとした時だった。

家に到着し、石造りの門をくぐり庭に足を踏み入れると、賑やかな笑い声が聞こえた。

……え?

男の声が混じっている気配。

庭を通り抜け離れの小屋に向かっていた岡部の歩調がぴたりと止まる。

ちらりと意味深な黒ブチ眼鏡の視線と絡み、耳にした声が現実なのだと確信させられる。

“浮気しないでね、奥さん”

まさか、まさか。

カバンを玄関に置きっぱなしにしたまま、俺はリビングに飛び込んだ。

がたんっ

ドアを開く時、勢いがつきすぎて、抱えていた鉢植えを落としそうになる。

「おっ、桂木くんお邪魔してるよ」

サチと談笑している相手……北原夫妻だった。

思ってもいない展開。咄嗟に返事が出来ずに立ち尽くしていた。

気が抜けるのと同時に、自分の心臓がどくどくと波打っている鼓動が耳に響く。

なにやっていやがる。突然乱入した俺に、驚いたサチが目を丸くしているじゃねぇか。

「あらっ、綺麗なカトレアねぇ」

北原さんの奥さんが、俺の腕の中の鉢植えを感心した様子で覗き込んでくる。

「サチさん幸せ者ね。旦那さまが花を抱えて帰ってくるだなんて」

チラリとサチを盗み見る。

ニコリと笑顔を向けられ、俺は胸をなでおろした。

だけど……

あれ、さっちゃん痩せた?

心なしか顔が青白く見える。

「ご無沙汰してます、北原さん。奥さまと御旅行ですか? 随分いい色に焼けてますね」

いつの間にか背後に立った岡部が、挨拶がてら北原さんに話し掛ける。

「あぁ、いや以前サチさんに教えてもらったモルディブに行った帰りなんだ。一泊シンガポールを観光して帰る予定でね」

「素敵だったわ。小さな南の島。サチさんが語ってくれた魅力の意味がよくわかったわ。ほんのちょっとお邪魔して帰ろうと思ったんだけれど、桂木さんや岡部さんにもタイミングよく会えて良かった。結婚式以来ですものね」

「桂木君、凄いご活躍だね。私生活も幸せそうでなによりだ。久しぶりに帰ってきたんだろう?じゃ、僕達はそろそろ失礼するよ。また日本に帰国したあかつきには、局によってくれたまえ。今度は桂木ユウタの特番を企画するよ」

宜しくお願いしますと、俺は頭を下げた。

視線はちらちらとサチを見ながら……

やっぱり様子が変だ。

さっちゃんにしちゃ、テンションが低すぎるというか……

もう少しゆっくりしていけばと、サチは寂しそうに二人を引き留めている。

「いやいや、また改めてお邪魔するよ。これを機会に夫婦水入らずの海外っていうのも悪くないと思ってね。今回は飛行機の経由ついでに立ち寄っただけなんだけど、シンガポールは近い内にまたゆっくり訪ねたいと思ってるんだ」

北原さんは日に焼けた顔で笑ってみせた。

泣く子も黙る凄腕プロデューサーの威厳はそこにない。

夏休みを満喫した子供のような顔。

胸がちくりと痛んだ。

“ユウちゃん、また連れてってね”

サチとあの時交わした約束を、俺はまだ果たせないままだった。

ドアに向かう北原夫妻を見送る為に、とぼとぼとサチが歩き出した。

俺の前を横切る時、一瞬視線が絡む。

後ろめたさを隠しながら、ご機嫌を取るようにサチにリボンのついたカトレアの鉢植えを差し出した。

洋蘭の女王。その名に相応しい一際華やかな大輪の花弁。

そういえば店の店員がリボンをかけながらカトレア花が美しいのは虫を引き寄せる為なのだと話していた。

子孫繁栄のため、その土地に生息する虫の好みに合わせた色を纏って咲き誇るのだと。

夜行性の蛾のお好みに合わせれば、月明かりに浮かぶ白いイブニングドレス。

蝶が誘惑される赤いスカーフ。

蜂が羽を休めるのは、青や黄色のワンピース。

男を誘惑するツボを心得た女のごとく衣装を替え、妖艶に手招きをしてみせる……

サチに差し出したカトレアは、淡いピンクの花びらを誘うように揺らしている。

ふわりとその存在を誇示して、強い香りを漂わせていた。

「……っ、やっ!!!!」

渡そうと思って伸ばした鉢植えが、サチの手に払いのけられ、ガチャンと派手な音を立てて床に落ちた。

驚いた北原夫妻が振り向く様が、コマ送りの映像のように目の端に映る。

何が起きたのか……皆、息を潜めて唖然と立ち尽くしていた。

「……ごっ……ごめんなさいっ」

カトレアの花は飛び散った土にまみれ、力なく横たわっていた。

いや、そんな事はどうでもいい。

サチの顔ったら……

死人のように血の気が失せて青ざめていた。

クシャリと表情を歪めると、突然サチは部屋を飛び出してしまった。

“……わかった。もういいから”

“……わかった。もういいから”

またあの台詞が耳の奥でこだまする。

結婚して俺はサチに何を与えられたというのだろう。

日本を離れて、家族も友達も、慣れ親しんだ土地での生活を……すべて奪っちまっただけじゃないのか?

「待って、サチさんっ」

後を追いかけたのは北原さんの奥さんだった。

知らぬ間に岡部の姿も見当たらなくなっている。

……だけど俺は……

追いかける事など許されないような気がした。

あんな顔させちまった。

もしかしたら、誰もいないお菓子の家で一人コツコツと絵本を描きながら、サチはいつも寂しさをかみ締めていたのかもしれない。

“……わかった。もういいから”

“……わかった。もういいから”

耳にこびりついて離れやしねぇ。

……溜息さえ添えて、壊れたレコードのように何度も繰り返される。

「大丈夫だよ。桂木君」

ポンと大きな手に肩を叩かれ我に返る。

「ウチの奥さん付いているから」

気休め……と言うには凛とした声色。俺はすがるように北原さんを見つめた。

「あれでも百戦錬磨の大した奥さんでね。いや、夫婦も長くやってると色々あるもんなんだ。サチさんも始めたばかりの新しい生活に色々と不安があるのかもしれない。いいアドバイスを彼女ならサチさんに出来ると思うよ」

俺はただ頷き、かがんで割れた鉢植えを片付け始めた。

何かしていないと不安に押し潰されそうだ。

どれくらいそうしていただろう。

開いた扉からの伸びる影に気付き、恐る恐る顔を上げる。

「サチが庭で待っている」

……岡部だった。

その表情から状況を掴もうと目を凝らしてみたけれども、ポーカーフェイスの奴からは何も伺い知る事が出来ない。

いや、視線が絡むと岡部は、ふいに力を込めた眼差しで俺を見据えた。

知っている……香港へ発つ前夜、誓いの言葉を口にした時と同じ視線。

人生を変えるほどのカードを、切ってよこしたあの時の……

俺は、奴の前を素通りすると庭に向かって廊下を歩き始めた。

何かとてつもない事が起きてしまった予感。

知るのが怖いと思った。

こんな時に……何故かグリーンマイルという映画を思い出していた。

処刑室へ送られる受刑者が、最後に歩む緑色のリノリウムの廊下、グリーンマイル。

全く情けねぇな。ビビってるんじゃねぇよ。

サチの事となるとすぐに平常心を忘れちまう。

深く息を吸い込むと、ゆっくり吐き出しながら、ステンドクラスがはめ込まれた玄関の扉をゆっくりと開いた。

岡部が暮らす離れとの間に、どっしりと根付いた幹の太い木にぶら下がったブランコ。

そこにサチと北原さんの奥さんが居た。

彼女は俺の姿を見つめると、「じゃぁね」とサチのもとを離れた。

北原さんの奥さんは、俺の前で立ち止まり、柔らかく微笑んでみせた。

“大丈夫。ウチの奥さんが付いているから”

そう言い切ってみせた言葉の奥深さ。

溶けあって混ざりあって月日を重ねた夫婦の絆を垣間見た気がする。

「あのね、すごく大事な話よ。ゆっくりとサチさんの話聞いてあげて」

「……はい」

彼女は導くようにサチに視線を流した。

俺はブランコのロープを握り締めてうつ向いたサチに一歩一歩、歩み寄る。

北原さんの奥さんが、家の中に消える気配を背中に感じながら、ブランコに座るサチの前にしゃがんでみる。

覗き込むように視線を上げると、泣きはらした瞳とぶつかった。

ズキンッ。

ねぇ、後悔してるの?

分け与えられる幸せに溺れていたのは俺だけ?

「……ごめんなさい」

ポツリと話出したのはサチだった。

俺は「気にしないでよ」とワザと明るく応えた。

「ユウちゃんが出かけて2.3日してから、あたしずっと調子が悪くてね……」

やっぱり。

ストレスからきているのかもしれない。

泣きたい気持ちで耳を傾ける。

「今朝、病院に行ったの。何かあったらって、前にヒロに場所も教えてもらってたし、日本人の先生でね言葉の不自由もなかったんだけど……あたし、自慢じゃないけど昔から健康優良児で、医者にかかることなんてなかったから……」

一緒に行って欲しくて……

サチはポツリと呟いた。

あ……だから一日遅れると告げた時、様子がおかしかったのか

「っごめっ、さっちゃんごめんね。それでさ、風邪? 体、大丈夫?」

サチがうつ向いて黙り込んだ。

え?なに、なんかの病気?

「あたしって、どうしようもない女なの」

「へ?」

「ユウちゃんの奥さん、失格なの」

「な…………言って……」

「ご飯がね、食べれないのっ」

わぁっと、サチは泣き始めた。

大粒の涙がポロポロと頬を伝って、くちゃくちゃになった泣き顔を隠すこともせず、子供みたいにしゃくり上げる。

「嫌われちゃってる、きっとあたしっ……」

「嫌ってなんていないって。俺がさっちゃん嫌いになる訳ないだろう」

立ち上がりサチの頭を抱き締める。

汗ばんだ襟足。

いつもより体温が高く感じられる。

日本にすぐ連れて帰ったほうがいいのかもしれない。

「……違うのっ。嫌われてるのユウちゃんにじゃないの」

「は?」

誰っ?誰がさっちゃんを嫌うって言うのさ。

「ひっく…………あ……か……」

「あか?」

さっぱり、わかんねぇ。

「赤ちゃん、あたしがママじゃ嫌なんだってっ」

……………………。

ママ?

へっ、何?

さっちゃん、今、何て言ったの?

それってさ

それってさ……

「病気じゃなくって妊娠だって、病院でわかったの……」

「さっさっ……さっさっ……」

子作りを意識していたわけじゃなかった。

夫婦なんだから自然に任せてればいいかなと、深く考えていなかった。

「あたし、お母さんになるのにっ……全然そんな感じしなくて。お腹だってぺちゃんこだし」

「そりゃ、そんな急にはさ……」

「あたしがちゃんとご飯食べなきゃ、赤ちゃんだってお腹すくのに……」

涙で濡れた頬にサチの長い髪が張り付いている。

そっと手で摘み上げ、耳の後ろにかけてあげる。

「きっと、あたしじゃ嫌だって、赤ちゃんお腹の中でハンストしているのよ」

「ハンストって……」

「こんなに自分の体がコントロールできなくて、怖くて仕方ないのっ」

つわりってやつなんだろう。

女の人って大変なんだな……

俺だって、サチの立場になったら同じように、うろたえちまうに違いない。

全く役に立たねぇな俺は……

少し痩せた肩を抱き寄せて髪を撫でる。

「一人で病院行かせてごめんね」

サチは小さく腕の中で首を振った。

「カトレア……嬉しかったのに、花の匂いがきつくて……気持ち悪くなっちゃったの」

消えそうな声。

俺は大馬鹿野郎だ。

さっちゃん。さっちゃん。

喉越しのいい美味しいスープを作ってあげる。

一口一口、スプーンで運んであげよう。

君は雛鳥みたいに小さく口をあけていればいいから。

「俺,、妊娠の事とか全然わからないから、なんて言ったらいいのかわかんないんだけど……さ」

すげ、嬉しい……

ポツリと耳元に本音を流し込む。

サチが俺のシャツの裾を、小さく握り締める感触が伝わってくる。

「北原さんの奥さん、何て言ってた?」

「……あたしの赤ちゃんは幸せ者だって」

さっきよりは少し落ち着いた声色。

俺は華奢な背中を繰り返し撫でてあげる。

「毎晩、ママが描いた絵本を眺めながら眠るなんて素敵だって……」

「……そうだね」

あ、やばい。

なんか今の台詞、胸にどんって響いちまった。

一番リアルに子供が出来たってことを教えてくれちゃったよ。

サチが、ベッドで小さな子供に添い寝しながら絵本を読んでいる姿……

現実にそんな夜が近いうちに巡ってくるだなんて。

「最初にどの本を読んであげようか?」

子供をあやすようにサチに語りかける。

「うん……あのね、」

サチは今書いている絵本の話を語り出した。

小さい子供向けに特に文字を少なく色を鮮やかに描いているのだと。

「ねずみとライオンが友達になる話なの」

あ、やっと……サチの瞳にビー球のきらきらが浮かび始める。

「ねずみはライオンの背中に乗せてもらって、大きな森を旅するのよ」

ぴかぴかぴかぴか。

サチらしい瞳の輝きがやっと覗き始める。

さわさわと風が吹き抜けていった。

蒸した空気が流されていく。

「大分、気分よくなった。なんかね、波があるの」

キィ……

サチが小さくブランコを揺らす。

俺は少し脇によけて、通り道を作ってあげる。

「ユウちゃん、嬉しいの?」

「めちゃくちゃ嬉しい」

「……そっか」

恥かしそうに笑って、サチは勢いよくブランコを漕ぎ出した。

「ちょ……さっさっちゃんっ、危ないよ!」

「ユウちゃんがそう言ってくれて、あたしも嬉しいな。うん、何だか元気出てきた」

キーコキーコっキーコキーコっ

「さっさっちゃんっ」

「小さい頃、お母さんに怒られると、いつもこうやってブランコをこいだの。そうするとね、あっという間に忘れちゃうの。何で怒られたか」

益々勢いよく揺れるブランコに俺は生きた心地がしない。

「転んだら危ないよっ。ね?」

「いやぁねぇ、ユウちゃん。心配性なんだから」

サチが可笑しそうにクスクスと笑い始める。

これも、ホルモンのバランスか?

いや、これはさっちゃんの性格だな。

ハラハラしながら心の中で呟いてみる。

泣いたカラスがもう笑った……

 

【THE END】

更なる続編「リベンジ」が始まります。

よろしくお願いいたします。

Copyright© ネット 無料 恋愛小説 天上の楽園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.